FC2ブログ
10 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 12
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 21:50:56
☆ちょっと残念!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

jan.jpg
戸隠定点観測データ

 14日、15日と仲間と栂池に行ってきました。予定では初日蓮華温泉に滑って行って宿泊。2日目は、登り返して金山沢と滑走のはずだった・・・。

 14日AM8時に栂池ゴンドラ駐車場に着いたのですが、様子が変!風が強すぎてゴンドラが動かない。10時まで待ったのですが駄目!

 「大渚山」に変更。行ってみたがここも下の方がほとんど雪が無く断念。完全スキーモードの一行なのでまだ諦めずとうとう「シャルマン火打」に。着いたのが12時。着いてびっくり、ここも強風の為に営業中止。
 さすがに諦め、日本海の旬を頂き温泉に入って栂池に戻る。

 一緒に行った“keikei”が宿を探すが、何処もお休み。そこでhatakichiがDynafitなどで泊まっている「旅館ひらた」。するとOK!ワインなどシコタマ買って・・・。

 夜は宴会。山の話に花が咲きました。

 15日は朝か雪。山はほとんど見えません、でも出発。

kotori_10_04_13.jpg

 今回は戦闘モードに入っていたので、マテリアルもDynafit来期一押モデルStokeDynafitライダーの“Nori”からレンタル。
 
 どうしても使いたく金山沢に出発。栂池自然園についた時には、辺り一面ホワイトアウト状態。ビーコンチェック後、GPSを頼りに歩く。多少迷走しながら1時間半ほどで中間目的地の2301地点に到着。ここでランチタイム。

kotori_10_04_16.jpg

 この数分間だけガスが晴れて気持ちが良い時間が。

 シールを外して滑走モードに。でもまた視界0状態。取り合えず金山沢に入る事に集中。入ってしまったら後は沢の中を滑るのみ。視界10mほどなのでゆっくり滑る。並行感覚が無くなるので気持ち悪くなってくる。
 1時間ほどの滑走で「大雪渓」との合流点に到着。後はひたすら林道を下る。途中まで除雪が進んでいたので、歩く歩く。結局2時間。デポしておいた二股まで疲れたなー。

 温泉に入って、戸隠に帰ってまたまた宴会・・・。飲みすぎだよね!

 今回は、超ーメジャークラシックルート蓮華温泉と最近人気の金山沢の2本立てだったのですが・・・。

 来年BC戸隠小鳥の森Guideでは金山沢BC-Ski」を企画しますので、是非皆さんご参加くださーい!

 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
来年は必ず!!!!
ご無沙汰してますv-222
金山沢は一度だけ細板ステップ・革靴で滑った事がありますが、快適に滑れなかった為いつかリベンジしたいと考えてたのでその時には宜しくお願いしますv-223
先週末カモシカスポーツ主催の乗鞍BCスキーツアーに参加、スキー場からシールで登り位ヶ原山荘泊、翌日は悪天候で山頂に行けず(悲)でも位ヶ原周辺からスキー場迄滑れるのは距離も長くかなり最高でした(乗鞍自体初めてだったので(笑))
2010/04/16(金) 22:50:16
URL | じゃんぼりん #-[ 編集 ]
Re: 来年は必ず!!!!
まいど!
ガスっていたので、全貌
2010/04/17(土) 12:43:25
URL | hatakichi #-[ 編集 ]
Re: 来年は必ず!!!!
まいど!
ガスっていたので、全貌が見えず・・・。
感覚的には、良い所という事は確認できたかな。
よろしくでーす!
2010/04/17(土) 12:44:38
URL | hatakichi #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kotorinomori.blog27.fc2.com/tb.php/682-32cf6d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com