fc2ブログ
02 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 04
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 23:00:00
☆皆育てよ!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 今日は戸隠スキー場2023/2024シーズンがOPENしました。本来ならば昨晩から”昼夜逆転100戦争”がスタートするはずでしたが、気温上昇や雪不足で仕事が無かった・・・。

 で、今日は何をしたかと言うと僕も監視員をしています”北信漁業協同組合”の役員で岩魚”発眼卵”を放流してきました。10月末には岩魚の”稚魚”放流を行いました。今回は卵です。

 場所は公開出来ませんが、鳥居川源流域です。

 blog_2023_12_09_1.jpeg blog_2023_12_09_2.jpeg
 
 blog_2023_12_09_3.jpeg

 ①適当な場所を石で囲みます。
 ②付近の枝を使って屋根の骨組みを作ります。そこに”発眼卵”を放流します。
 ③笹を被せて屋根を作り、石を乗せて固定します。

 モタモタしているとカケスなどが空から狙っています。また、横からの隙間があるとイタチなども侵入します。この上に早く雪が積もってくれると外敵から守られて14日〜20日後には孵化して移動し始めます。

 稚魚・成魚・発眼卵等放流には色々な意見があるとは思いますが・・・。

 放流資金は釣人の皆様に購入して頂く”遊漁券”の一部も使わせて頂いています。楽しい釣り生活を送る為にもご協力、宜しくお願い致します。
 
 




 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



テーマ:釣り
ジャンル:趣味・実用

Posted on 23:00:00
☆おいおい!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 楽しい”戸隠源流釣行”から一夜開けて、道具を片付けていると・・・。

 釣竿は釣行後毎回分解して、水洗いして角部の破損など無いかチェックしています。どうしても釣行中に伸縮を繰り返すので。過去に釣行中2回転んで竿を折った事もあります。今回の釣行でも息子は途中で5年使っていた竿が折れました。

 全部バラして1本ずつチェックしていると、何だ?というカーボンの破片が出てきた。

 blog_2023_09_20.jpeg

 表面を幾ら見ても異常無い。内側を1本1本除いて見ると何か筋状の部分が・・・、これかな?
 
 メーカーに問合せてみると、縮める時に引っ掛かって剥離したんだと思いますとの回答。強度が落ちているので部品交換した方がいいですよとの指示。おーマジか!この”SUNTECH”の竿、高いんだよね。でも、仕方ないので注文。

 3,630円也!

 尺モノを上げた際に慌てたのが原因かな?良い勉強になりました😁。

 




 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
Posted on 23:00:00
☆楽しい時間!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 毎年恒例化しています9月の”O川源流釣行”。今月で今シーズンの渓流釣も終了ですので、最後のビッグイベントです。
 
 天気予報では、午後から雨という事なので決行するか悩みましたが・・・・この源流はゴルジュ帯が多数有るので雨が降ったら最後激流になってヘタをすれば死亡って事も過去に。とにかく天気が変わる兆候があったら撤退すると心に決めて出発。
 今回のミッションも昨年同様、前回よりも先のエリアに行く事尺岩魚を釣って”岩魚寿司”を食べる事の2つ。

 早朝4時に小鳥の森を出発。車止めに4時50分。ここからは自転車で行きます。乗り出した時は真っ暗だったのでヘッドライトと転倒しての走行。

 blog_2023_09_19_1.jpg

 準備をして5時20分、入渓。いよいよ始まります!

 blog_2023_09_19_2.jpg

 本当の源流なので、道などありませんので。水量は少なめで水温は高いですね。中暖かいって感じです。始めの30分位は良いポイントがあるのですが、今回のミッションの一つである”前回よりも前に進む。”という事でスルー。偏光グラス越しにも魚影は見えない・・・。

 途中から竿を出したのですが、反応はイマイチ。やっと狙い通りの所で1匹をGet!。振り返ると息子”Takato”も釣った模様。僕が釣ったのを知らないらしく近づいて来て、

 「俺釣ったぜ!」

 と得意げに言ったので、

 「俺も釣ったぜ!」

 と返すとガッカリしていました😁。

 そこからは、良い感じで釣れ始めました。ここはというポイントで狙い通りの”巻き返し”に投入すると竿先が反応。泣き尺サイズ(30cm弱)が釣れたのですが、手に持って針を外している時に噛まれて放してしまった・・・、岩魚に噛まれると痛いんですよ!、さようなら😂。畜生、お刺身サイズが・・・。 

 blog_2023_09_19_3.jpg blog_2023_09_19_4.jpg

 そろそろ雲行きが怪しくなって来たので、ここが今回の最終点にしようと思った2m程の滝。滝壺は結構深そうなので遠目から気配を殺して竿を出します。1匹目は25cm程の塩焼きサイズの綺麗な岩魚。ここに居るのはこれだけではないでしょう?と、その後数投してみると、”ゴンゴン”と手に伝わる感触。これは来たぜ!って感じでフッキング。あれ?竿が上がらない。振動は伝わっているのだけど・・・。ラインが左側に走った、今度は右側に。デカいぞと後ろにいる息子に伝える。最後にドラマ魚が来たぜ!32cm尺岩魚。顎が少しシャクレ始めた立派な奴。

 blog_2023_09_19_5.jpg

 今回の釣果は僕が9匹(2匹バラシ)、息子”Takato”は3匹(2匹バラシ)。サイズは尺モノは1匹、後は全て25cm以上の良型。

 blog_2023_09_19_6.jpg blog_2023_09_19_7.jpg

 そして、お楽しみのミッション2つ目。”岩魚寿司””岩魚汁”。堪らんねぇ。これを食べる度に、

 「俺達はなんて贅沢な事をしているのだろう。」

 と思います。これ以上の”食”は無いね!息子もニコニコしっぱなし。

 blog_2023_09_19_8.jpg

 今回も”ミッション・クリア”です。

 村のお年寄り方と話すと、尺岩魚が少なくなたと言う。自然環境の変化や砂防ダムなどの建設、稚魚放流してもすぐに釣られてしまう、などなど魚にとって住み辛い環境になって来ている事も確かです。昔は戸隠にも”職業漁師”が居たそうです。宿坊などからも”岩魚”の注文が入ったそうです。

 息子といろいろ話ながら一日源流釣行。いつまで一緒に行けるかな?体力が続く限り行きたいね。来年は過去一度行った黒部源流に行けるかな?あの景色を息子にも見せてあげたいなぁ、但し僕の体力次第ですが・・・。

 小鳥の森ではなるべく地産地消を目標にメニューを作っています。一番人気の”岩魚と高原野菜の和風Pasta”の”岩魚”も全部ではありませんが、可能な限り天然物を使用しています。今回釣ったモノはこの秋のコース料理に大切に使用させて頂こうと思います。

 来月から禁漁期間に入るので、もう一回位行けるかな?

 




 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
Posted on 23:00:00
☆4年振り!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 自然散策していると、これって何?と思うものが結構有ります。

 初めてこれを見たのは20年以上前の事。その当時近所の人達に尋ねても誰も知らなかった?、もしかしたら知っていたけど教えて貰えなかったのかも😁。

 「笹の枝の奇形じゃないの?」

 と、言っていた方はいましたが・・・。

 そして4年前、やっと胸に支えていたモノが取れました。

 Blog【”笹魚(ささうお)” 2019/08/22】にも書きましたが、これを笹魚(ささうお)”と呼ぶそうです。

 大きさは10〜15cm程です。伝説ではこれが水の中に落ちると岩魚(いわな)”になるという話です。

 blog_2023_09_18.jpeg

 そんな事は実際にはある訳も無いのですが”ササウオフシ(笹魚附子)”という”虫こぶ”の一種だそうです。”虫こぶ”とは昆虫が卵を産みつけ、それの分泌物などによって植物に異常が起こって出来る腫瘍の様なモノです。
 その張本人はササウオタマバエ笹魚玉蝿)”という昆虫です。

 4年前に見つけて以来、笹藪に入る度に探していたのですが見つからず・・・。久し振りに見つけてニヤッとしてしまいました。興味のない人にとっては何の魅力もないモノですが、僕にとっては”岩魚釣り”もするし、自然散策ガイドもするので、面白ネタの一つです。

 皆さんも、笹藪を見つけたら笹魚を探してみて下さい。ニヤッとしちゃいますよ。

 




 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
Posted on 23:00:00
☆どうかな?☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 ちょっと”釣り”の小ネタです。

 渓流釣りではTOPに魚が出てきて釣れるのが一番興奮して楽しいですが、大物はなかなか出てきません。深い岩に刳れた中に潜んで美味しそうな食べ物が来たらゆっくり出てくる。しかし、その場所に餌やフライを通すには”錘”を付けて的確に通さないと見切られてしまう。

 その”錘”なんですが、通称”ガン玉”と呼ばれて丸い鉛の粒状のモノでハリスが通る様に切れ込みが入っています。サイズも色々あって水の流れの強弱や水深に合わせて使います。それを入れておくケースも色々あって、今までは然程気にしていなかったのですが、肝心な時にスムーズに出す事が出来ずストレスが溜まったり、タイミングを逃したりと。

 そこで、ネットで調べるとあまり聞いた事のないメーカーですが、良さげな商品を見つけました。

 blog_2023_09_07_1.jpeg

 "kizakura”というメーカーのkizakura ガン玉つぶれんケース(6マス)です。

 blog_2023_09_07_2.jpeg blog_2023_09_07_3.jpeg

 この商品の何処を気に入ったかというと蓋の裏側にスポンジが付いていてガン玉をしっかり動かない様に押さえてくれるところです。釣行中、ガン玉が動くとケースに当たったりしてハリスを通す為の切り込みが閉じてしまう事があります。
 現場でヨシ!と思った時に切り込みが閉じていたら、それを広げる作業って面倒なんですよね。最悪、使えません!

 釣りをしている時ってリズムがあるので、こういうちょっとした事で気持ち悪くなるんです。これで、次からの釣行は一つ快適になる事は間違いありません!😁

 ご興味を持って頂いた方、amazonで購入出来ますよ!→kizakura ガン玉つぶれんケース(6マス)

 




 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com