fc2ブログ
05 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 07
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 16:49:25
☆ちょっとお勉強に!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 現在、新潟県妙高市にある関山神社では善光寺御開帳を記念して令和4年5月21日(土)〜6月12日(日)までの期間に関山神社 秘仏御開帳”を行っています。

 何々、善光寺の絶対秘仏の”一光三尊阿弥陀如来像”と同じ形式の妙高堂阿弥陀三尊像”が見れるのであれば、これは勉強に行かねばと行って来ました。
 
 確かもう10年以上前に”四国八十八か所霊場”の僧侶の皆様から

 「戸隠山(1,904m)と妙高山(2,454m)の二つの修験の山をご案内頂きたい!」

 とお願いされて案内した事がありました。その際に妙高山山頂に祠が有り修験の山の名残があった事を思い出します。そんな程度しか知らなかったのですが、今回この機に少々お掘り下げてみようかと思います。

 先程、案内した際に山頂に祠があったと書きましたが、実際には江戸時代までその場所には”阿弥陀堂”があったそうです。

 blog_2022_06_07_7.jpg

 上記の絵地図は関山神社境内にあった看板から映し取ったものですが、”元禄七年栽許絵図”と言うそうです。その地図に登山道と山頂に”阿弥陀堂”がある事が記されています。その”阿弥陀堂”内に妙高堂阿弥陀三尊像”が祀られていたそうです。ですので、妙高山信仰は”阿弥陀信仰”でその源は善光寺信仰”にある事となります。こんな事を頭に入れて行ってみましょう! 

 カーナビ頼りに小鳥の森から1時間程で到着出来ます。国道より少し入りますが、解りずらい所では有りませんでした。平日なのですが、結構人が居てびっくりですが、駐車場も十分有りますので問題ありません。

 当たり前の事ですが、正面鳥居から入りましょう!

 blog_2022_06_07_1.jpg blog_2022_06_07_2.jpg

 入って行くと”茅の輪”が有りました。戸隠神社で体験はしているのですが、これも良く解らずにやっていたので・・・、聞いて見る事にしましたが、この話はまた別の機会に書きたいと思いますので今回はご勘弁を。

 blog_2022_06_07_4.jpg

 そして階段を登ると”本堂”。立派な彫刻がされていて”戸隠神社宝光社”に似ていますね。
 現在は関山神社という神社ですが、戸隠と同じ様に神仏習合をいち早く取り入れていたので元は”関山宝蔵院(せきやまほうぞういん)”という寺院でした。和銅元年(708年)に”裸形上人(らぎょうしょうにん)”によって開山されました。”裸形上人”という名前と関係しているかは解りませんが、常に裸で修行を行っていたという話も有ります。
 その後”戸隠山顕光寺”と同様に山岳信仰の霊山として栄えましたが、明治の神仏分離廃仏毀釈により廃寺となり、関山神社となりました。

 blog_2022_06_07_5.jpg

 今回拝観料を¥500で秘仏にお会い出来ました。下の写真も境内に建ててあった看板より映し取ったものです。これが妙高堂阿弥陀三尊像”です。中央が”銅像阿弥陀如来立像”で高さ47.2cm、鎌倉時代後期に作られました。右側が”観音菩薩像”、左側が”勢至菩薩像”で共に高さ41cm、室町時代以降に作られたそうです。治承5年(1181年)に妙高山山頂の”阿弥陀堂””木曾義仲”が必勝祈願の為に奉納したと言われています。ほー、戸隠、妙高と”木曾義仲伝説”が有りますね!
 また、戦国時代は”上杉謙信”も山頂へ行き必勝祈願したとされているそうです。

 妙高堂は明治の神仏分離令の折に、山頂から現在の場所に移されました。それと一緒に明治2年(1869年)に”妙高堂阿弥陀三尊像”も移されました。”銅像阿弥陀如来立像”は昭和53年(1978年)に新潟県重要文化財、”観音菩薩像”と”勢至菩薩像”は昭和50年(1975年)に妙高市指定文化財にそれぞれ指定されています。
 ”妙高堂”がここに移されてからは一年に一回山開きの日には三尊を背負って妙高山山頂までお連れしていたそうです。妙高堂の事を通称”関山善光寺と呼ぶのもそれだけ善光寺如来”様と近しい関係にあった表れでしょうね。

 今回の展示物の中にその時に使っていた背負箱を見てビックリ!箱には一体ずつ収納する場所が記載されていましたが、中央に阿弥陀如来像、に勢至菩薩像、に観音菩薩像と書いてありました。おや?配置が”善光寺”の”一光三尊阿弥陀如来像”とは違うぞ・・・。今回、本堂内は必要であればボランティアの方がご案内してくれます。折角なので僕もお願いしていました。この事を聞こうか?聞かないか?悩みました。自分が如何にも少し知っているなんて事を自慢している様に受け取られたら嫌だなぁと思ったので・・・。でも、やはり納得がいかなかったので質問してみました。

 「何故?あの箱に書かれている場所が左右逆なんですか?」

 すると、ボランティアの方は

 「そうなんですよ。最近までこの書いてある通りに並べていました。右に”勢至菩薩像”、左に”観音菩薩像”と。歴史館や妙高市のパフレットにもそんな感じで掲載していましたが、違う事に気付きました。今は直してありますけどね。」

 ほほー、何でそんな事に?と考えました。すると以前戸隠神社奥社の参道に有る”随神門”の左右に安置してある像は、他の神社では左大臣とか矢大臣といわれていますが、”櫛石窓神”、”豊石窓神”となっています。神道では古来より”左方上位”という立場をとっています。”左方”というのは、あくまで神座から見てですから、神社の本殿に向っては、右側となります。この辺、ややこしいですね。ですので箱に入れて背負ってそれを正面から見ると左右が逆になるという事になると考えます。多分、その辺の見方の違いが誤解を招いてしまったんでしょうね。ボランティアの方とそんな話をしていると、近所で聞いていた妙高市の職員の方?または学芸員の方?か解りませんが、近付いて来て、

 「よくご存知ですね!そういう事で間違えていたんだと思われますよ。」

 と、教えてくれました。これは大収穫でした。しかし、最近までこれを担いで山頂まで行っていたとは熱い信仰心が伺えますね。

 blog_2022_06_07_3.jpg blog_2022_06_07_6.jpg

 そして、その横にはなかなか奇妙な”石仏”が有ります。”関山石仏群”というそうです。この周辺に35躯有るそうで、その中の26躯をこの場所に集めたそうです。どれも灰岩から丸彫されたもので、全てでは無いが多くは弥勒菩薩を表現したモノではないかと言われています。その為か地元の方は”ミロクさん”と呼んでいるらしいです。
 ここに有るものは大体60cm程の高さで、上半身のみの形で地中に埋め込まれた様に見える事から”いけ込み式”とか”植え込み式”などと呼ばれています。時代的には定かでは有りませんが平安時代末期から鎌倉時代に造られたと考えられています。ネットなどで調べた写真ではお地蔵さんの様に赤い前掛けをしている姿のモノが大多数見られますが、今回訪れた際には何も付けられていませんでした。何か訳があるのか、聞いてくればよかったと悔やまれます。この石仏で妙高山信仰の貴重な証拠品であるので昭和55年(1980年)に新潟県重要文化財に指定されました。多分、造られた時はもっとはっきりと陰影が出ていたのであろうが、長年の雨、風、雪により今ははっきりしていない事も歴史を感じる理由でしょう。

 blog_2022_06_07_8.jpg blog_2022_06_07_9.jpg

 ちょっと長文になってきましたので、今回はこの辺りで。続きが後日書きたいと思いますのでお楽しみに!!

 




 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



Posted on 22:25:13
☆内内陣へ!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 今日は和歌山からお越しのお客様をご案内しました。昨晩から激しい雨音が聞こえていてどうなる事かと心配でした。朝になっても雨は降り続いていましたが、善光寺に到着すると気持ち小降りに。

 10時過ぎに”仁王門”付近で落ち合う約束です。ちょっと早めに着いたので”大本願”を散策。その後、雨宿りをしながらお待ちしているとお客様がいらっしゃいました。全員で7名様です。皆さん”ご回向(ご法要)”をご希望という事でしたので、僕が所属しています浄土宗宿坊”白蓮坊”様にお願いして申込ませて頂きました。この時間ですと11頃からの”日中法要”に間に合います。

 皆さんと本堂に向かっていると丁度”大本願””鷹司誓栄上人”様が目の前を。ザワザワしていた人の流れがピタッと止り、空気感が変わります。今日も良い事がある予感・・・。

 blog_2022_06_06_1.jpg

 ご回向の時間までまだ少しあるので、近くの”経蔵(きょうぞう)”に立ち寄りました。別名”輪廻塔(りんねとう)”とも呼ばれます。中には八角型の輪蔵があって、その中に6,777巻の仏教経典の”鉄眼黄檗版一切経(てつげんおうばくばんいっさいきょう)”が入っています。横に付いている腕木を押して輪蔵を回す事によってお経を読んだ事になり、功徳を積んだ事になるという有り難い所です。ここを拝観するには¥300ですが、時間がある方は御開帳参拝共通券¥1,200で購入する事をお勧め致します。今回のお客様はこの共通券をお買い求め頂きました。

 blog_2022_06_06_2.jpg

 そろそろ時間になりましたので、本堂へ。”ご回向”をお願いされたお客様は専用通路を通り”内陣”に入る事が出来ます。
 ”日中法要”が行われている間は”内陣”で法要に参加して、終了後に個人でお願いされた方対象の”ご回向(法要)”が行われます。その際には”内内陣”に入り、今回御開帳している”前立本尊”様を間近に拝観する事が出来ます。今日、案内をお願いされた方にとっては良い日になりましたね。
 
 ”ご回向(法要)”が終わり、本堂の外に出て”回向柱”に触れ様と思いましたがかなりの行列でしたので、今回は断念。お客様に
 
 「前立本尊様とご縁を結ぶ方法がもう一つ有りますので、そちらに行きましょう!」
 
 とアナウンスして”御印文頂戴”へ。ここはほとんど並んでいなかったので、すんなりと僧侶の方から”南無阿弥陀仏”と言われながら善光寺”御印文”を頭に当てて頂き、御本尊と縁を結んで頂きました。

 本堂から少し離れて”山門”へ。共通券が有るので”山門”内部に入る事が出来ます。僕も一緒に登らせて頂きました。かなりの急階段、骨折した足で登れるか少々不安でしたが・・・。

 blog_2022_06_06_3.jpg blog_2022_06_06_4.jpg

 青空ならばもっと良かったのですが、取り敢えず遠方が望めたので良かったです。南側は”長野駅”方面。北側は”本堂”方面を望めます。

 最後に先日僕がGUIDE関連で書いているBlogTogakushi Backcountry Guides KOTORINOMORIで紹介しました”善光寺遊学④ 釈迦堂(世尊院)の回向柱” 2022/05/27に寄ってみる事にしました。

 blog_2022_06_06_5.jpg

 ここの”回向柱”と本堂の”回向柱”の違いを理解して頂き、本日のご案内終了時間となりました。短い時間でしたが、結構、いろいろな場所をご案内出来た事や”ご回向(法要)”も”内内陣”に入ってしっかりお願い出来た事など良かったのではないでしょうか。

 今度は戸隠にも是非お出かけ下さい。ご案内させて頂きます。
 
 blog_2022_06_06_9.jpg

 善光寺公認案内人はこんなスタイルで行う事が義務付けられています。”お袈裟”も夏季バージョンの薄緑色に変わりました。

 戸隠神社善光寺のご案内を承っております。お申込みやご質問等は、こちらからお願いします。

 




 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
Posted on 23:00:00
☆混んでます!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 お昼から善光寺のご案内。
 余裕を持って家を出たのですが、予想以上に道路が混雑していてギリギリ間に合いました😅。

 blog_2022_05_27_1.jpeg

 仲見世通りもこの混雑ぶり。いつも午前中の案内だったので、ビックリでした。諏訪御柱のメインが終わったので、こちらに人手が流れて来ているのかなぁと感じます。戸隠も同様の現象が。

 blog_2022_05_27_2.jpeg

 本堂前もこんな感じ。”回向柱”も待ち時間は10分程ですかね。”忠霊殿”での概略の説明も4部屋全て使用していたので、空くまで善光寺豆知識などをお話しして時間調整。
 今回クライアント様の滞在時間は3時間弱。僕の案内時間は40分程と指定されましたので、忙しや!!
 折角、いらして頂いたので色々ご説明したいのですが御開帳時なので”回向柱””前立本尊”は外せないので、そちらを優先的に。”回向柱”の列にお連れして、今度は”内陣”に入る列にこれまたお列び頂き、”ミッション・クリア”。
 境内なそんなに広い訳では無いのですが、時間と人の流れを考えれ、コースレイアウトを毎回考えるのが一苦労ですね。大分、慣れては来ましたのが、次回お願いされている案内は大人数なのでどうなる事か・・・?

 取り敢えず無事に終了出来たので、良しとしましょ!ちょっと時間が余ったので気になる場所に寄り道して帰りました。

 




 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
Posted on 23:00:00
☆充実したご案内!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 今日は久しぶりの善光寺”Guide。毎回前日にしっかり復習して臨んでいます。そして、他のGuide同様に前回行った時よりも必ず1つ新しい事をご案内する事も。

 9時からご案内開始。今日は天気が最高で気持ち良くスタート。”忠霊殿”で御開帳の概略のや絶対秘仏の説明をして進みます。クライアント様は13名と丁度良い感じ。
 善光寺に滞在時間が昼食や自由時間を含めて4時間という事ですので、いつもよりもちょっと余裕でご案内が出来ます。
 ”忠霊殿”を出て、まず過去の”回向柱”が祭ってある場所にご案内。”回向柱”の歴史と何故ここに祀ってあるかの意味を皆様にご理解して頂きました。
 そして、”回向柱”に触れる為に列に並びます。今日はまだ早い事もあって、10分位ですかね。

 blog_2022_05_19_1.jpg

 ”回向柱””前立本尊”と繋がっています”善の綱”が良く見えますね。僕も毎回ご案内する際にお客様と一緒に並んで”回向柱”に触れています。極楽浄土に連れて行って貰えます様に!!
 この後”御印文頂戴(ごいんもんちょうだい)”をお受けして、”外陣”で参拝の仕方を説明しようと思ったのですが、何だか周囲が段々混んできた気がし始めたので慌てて”内陣”入口の列に。今回のご案内は”前立本尊・お戒壇巡り参拝券(600円)”がセットになっていましたので”参拝券購入”の列に並ばなくて良いので助かりました。
 ”内陣”に入って”来迎二十五菩薩像”の面白話を話しながら段々と”前立本尊”に近づいて行きます。ここで本堂内に

 「只今より”お戒壇巡り”が行われる回廊内の消毒を行いますので暫くお待ち下さい。この時間を利用して私から善光寺のご説明をさせて頂きます。」

 と僧侶よりアナウンスがありました。新型コロナウイルス感染防止の対策として入場規制や消毒など徹底していました。この待ち時間に僧侶から色々な話が聞けて僕も勉強になりました。
 そして消毒が終わり”お戒壇巡り”に行きます。一緒に入らない案内人もいますが僕は説明がてら先頭で一緒に入ります。本来は完全に真っ暗なのですが、これまた新型コロナウイルス感染防止の為に足元に小さなライトが点いて少し周りが見えます。それでも怖い人は怖いんでしょうね。
 この場所は何処を歩いているかというと、本堂の最奥部に”内々陣”という場所があります。ここは日々僧侶の方々がお経をお唱える所です。その左側に”瑠璃壇”というものがあり、そこに絶対秘仏の御本尊”一光三尊阿弥陀如来像”が内厨子に納められ、安置されています。
 この真下が回廊になっていて、真っ暗闇の中で”極楽の錠前”に触れる事で絶対秘仏の御本尊”一光三尊阿弥陀如来像”と結縁を果たし、極楽往生の約束を頂くと良いう道場という事です。
 今回のご案内した皆様全員がこの”極楽の錠前”に触れる事が出来たという事で一安心です。

 まだ昼食まで時間がありましたので、”道具塚””山門””六地蔵”の解説をしながら昼食を予約している場所へ。ここで今回の案内は終了です。皆さんから拍手を頂き、喜んで頂き良かったです。

 戸隠神社をはじめ、こういう歴史探訪的な案内は物語を作ってその流れを上手く案内する事が大事です。ただ行き当たりばったりでその場の解説をしているならば誰でも出来ます。そこがプロガイドの違いです。また、次回は小ネタを仕込んで臨もうと思います。

 今回ご案内させて頂きました皆様、”回向柱”に触れ、”前立本尊”を近くで拝む事が出来、お戒壇巡りで”極楽の錠前”に触れる事で絶対秘仏の御本尊と結縁され、そして僕の案内を受けられた事で、必ず極楽往生が出来る事をお約束致します。お付き合い頂き、ありがとうございました。

 案内が終わり、少し勉強がてらウロウロしていたら11時過ぎに周りがザワザワしてきました。

 blog_2022_05_19_2.jpg

 日中法要の為に本堂に向かわれる大本願鷹司誓栄上人様を拝見できました。 ありがたい事でした。これは良い事あるなぁ・・・😁

 




 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
Posted on 08:37:24
☆スムーズ!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 先日の”中日庭儀大法要”の際は大混雑で思う様にご案内出来なかった反省点から、今回は色々シュミレーションを考えながら善光寺に到着。到着してみると、宿坊専用バス駐車場にバスが一台も無い。そして、善光寺公認案内人詰所にも誰も居ない。御開帳の時期でもこんな感じなのかなぁとちょっと拍子抜け。駐車場の方から「秦さんが今日最初だよ!」と。マジ!まぁ、お朝時の時には来ていると思いますが、日中は大体9時頃から開始なのでね。

 blog_2022_04_26.jpg

 道路も混んでいなかったらしく時間通り9時10分のバスが到着。今回は”常円坊”様のお客様です。募集ツアーなので遠くは福岡県からいらして頂きました。ありがたい事です。
 忠霊殿内で本日の案内の概略と”一光三尊阿弥陀如来”のお話をしてスタート。空いているのでしっかりご説明して”回向柱”へ。こんなに空いていて良いのかなぁ。”御印文頂戴”を頂いて、今回は内陣に入りました。内陣に入るには600円で”拝観券”の購入が必要です。この券で内陣意外にお戒壇巡りも出来ます。
 内陣に入ると、まず上には前立本尊様と”回向柱”を繋いでいる善の綱へ変わる前の”金の糸”を見る事が出来ます。そして、正面には絶対秘仏の”一光三尊阿弥陀如来”に身代わりとして作られた前立本尊様が輝きを放って鎮座されています。7年に1度しかお目に掛かれないので、しっかりと参拝して頂きました。
 内陣を離れてお戒壇巡り。これは”御開帳”以外でも通常入る事が出来ます。”内内陣”の地下に入る事になり、真っ暗な回廊を歩きます。右手で右の壁を触りながら”前立本尊”様が安置されている真下にある”極楽の錠前”と言われている錠前に触れる事で本尊と結縁が結ばれ来世の極楽浄土が約束されるというモノです。本来ならば本当に真っ暗闇なのですが、新型コロナウイルス感染予防対策として少しだけ足元が見える様に小さな灯りがついていたり、出入口にはアルコール消毒液されています。全員無事に”極楽の錠前”に触れて頂けて一安心です。

 今回の案内は混雑も無く、お客様には善光寺御開帳を楽しんで頂けたのではないかと思います。
 これからGWに入り、また大混雑が予想されます。hatakichiはGW中は案内をしませんが、是非”善光寺”のHPや寺院内でのアナウンス等を見聞きしてスムーズに参拝して頂ければと思います。
 今回は遠くからいらして頂きましてありがとうございました。

 




 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com