FC2ブログ
09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 19:39:14
☆元気!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 小鳥の森では11年前第1回小鳥の森MTBトレイルツアーという自転車イベントを始めました。
 戸隠というフィールドの可能性を求めて、少しずつですが広まってきた感はあります。今年は諸事情によりプロライダーを招待してのイベントが出来なくなり、どうしようかな?と悩んでいたところに地元の方々から「子供達の自転車イベントはやならいの?」との声。”よっしゃー!”という事で”第2回ジュニアMTB講習会&ツーリング”を28日(土)に開催する事になりました。
 
 blog_2017_10_30_1.jpg

 台風の影響で天気がどうなるか不安でしたが、何とか雨も降らずにスタート。小学生チーム(4〜6年生)中学生チーム(1〜3年生)のの2クラス。
 小鳥の森に集合後、各自の自転車チェック。空気を入れたり、ブレークの効き具合など。そして、それぞれのクラスの分かれてスタート。

 blog_2017_10_30_2.jpg

 小学生チームは4名。お姉さんの中で最年少の男子、頑張っていました。

 blog_2017_10_30_3.jpg

 中学生チームは5名。こっちは男子の中に紅一点。スキーでは長野県で第1シードに入れるメンバーがちらほら。

 戸隠スキー場に行って合同で”パイロン”を使ってスラロームの練習をしたり、競争したりとワイワイ騒ぎながらの練習。重心移動や体重の掛け方、外足の踏ん張り、目線、頭の傾きなどなどスキーと共通する事が多いのでその辺を考えながらの練習。
 
 blog_2017_10_30_6.jpg
 blog_2017_10_30_7.jpg

 これが終わった後は中学生チームは山の中に消えて行きました。

 blog_2017_10_30_4.jpg
 blog_2017_10_30_5.jpg

 小学生チームはロングトレイルに出発。

 前日までの雨の影響でトレイルはかなり滑り易く、逆に楽しいです。

 
 小学生チームはこんな景色の良い極上トレイルを走り回りました。

 
 中学生チームはタダ我武者羅に走るのでは無く、丁寧にトラクションの掛けながら粘りの走りの練習をしていました。

 約5時間程走り回って終了。大きな機材トラブルも無く(hatakichiのタイヤがエア漏れしていた!)、みんな笑顔で帰って来ました。走りきった感バリバリで良かったと思います。
 折角こんな大自然の中で生まれ育っているのだらか、この環境をプラスにしないとね。これからこの子供達の戦いのシーズンが始まる。是非、良い成績をあげて欲しいと思うばかりです。

 戸隠は、現在近隣のスキー場の夏利用の様にリフトやゴンドラを使ってのダウンヒルコースなどはありませんが、森の中を快適に走るコースは十分に他の地域に負けていないと思っています。但し、歩いている方やトレランをしている方などと同じトレイルを使用する事から、トラブルにならない様に共存していけるかが課題です。是非、一度走りに来てみて下さい。

PS.やっぱり女子はこれも楽しい時間ですよね!

 blog_2017_10_30_8.jpg

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



テーマ:信州・戸隠発!
ジャンル:地域情報

Posted on 17:16:35
☆絶景ポイント!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 27日(金)は戸隠観光協会主催の旬ウォーク鬼女紅葉伝説ゆかりの地を巡る紅葉ウォーク”が開催されGuideを担当させて頂きました。
 台風通過に伴いかなりトレッキングルートは倒木や落葉、泥濘などがありましたが、下見をして大きな支障となる木などは撤去してルート確保をしたので、一応当初予定していた工程の9割方は遂行出来ました。

 戸隠商工会前に集合後、用意したバスに乗って30分程掛けて「荒倉キャンプ場」に。途中鬼女紅葉伝説の概略を説明したり「紅葉の供養塔」などを見学したりして気分が盛り上がってきました。

 このトレッキングルートの面白い所はこの物語が事実か否か考える上で、それを裏付ける様に史跡や生活感を感じる場所がある事です。位牌なんかも有りますしね。鬼女紅葉が生活していた時代にタイムスリップ

 全ての写真を見せてしまうと実際にいらした際の感動がなくなるので少しだけ。

 blog_2017_10_27_3.jpg

 紅葉討伐に平維茂軍が攻めてきた際に荒倉山麓を一つの砦要塞にして対抗しました。この場所は「屏風岩」といって見張番がこの上から攻めてくる様子を見張っていたと言われている場所です。手前にある岩が「舞台岩」。家来達が食事や宴をした場所とされています。
 ここにはもう一つ面白い場所があるんですが、それはGuideを受けて頂ければ・・・。

 blog_2017_10_27_4.jpg

 15分程登ると「紅葉の化粧水」が現れます。普段は細く流れている場所ですが、この日は台風の大雨の影響で結構な流れの小川になっていました。「この水で紅葉も顔を洗っていたので美人を保っていたらしいですよ!」と説明すると、女性陣は皆さん洗われていまいた。(笑)

 この先は下見に来た際に毎回”ツキノワグマ”と遭遇する場所です。少し薄暗い杉林です。ここも台風の影響で小さな土砂崩れでトレイルが荒れていました。

 blog_2017_10_27_5.jpg

 今回のイベントの目的地の一つ「紅葉の岩屋」に到着です。昔、ここが紅葉が寝床にしていたと言われてい場所ですが、今はまだ奥に「奥の岩屋」というモノが公になったので、日中に休んでいた場所とされています。

 さー、そろそろお腹も減ってきたので展望の良い場所でお弁当タイム!旬ウォークの楽しみの一つに昼食があります。地元のお蕎麦屋さんやお弁当屋さんを利用して旬の味を楽しんで頂きます。今回は越水ケ原にある”山宿 樅の木山荘”さんのお弁当です。

 blog_2017_10_27_9.jpg
 blog_2017_10_27_10.jpg

 秋の実りたっぷりの美味しいお弁当でした。皆さん「美味しいね!」と大好評。

 さー、ここで”鬼女紅葉伝説”のお話は終了。ここからは昔、戸隠地区(旧柵村)から鬼無里地区(旧鬼無里村)へ行くには馬を引いてこの荒倉山麓の裾野を遠回りして行かねばならず、時間が掛かっていました。そこで、この山麓の穴を開けて近道を作った方がいました。今もこの地区にその方のご子孫が暮らしています。その方の名前を取って”松澤トンネル”です。”切り通し”とも呼ばれています。ここがこのイベントのもう一つの目的地。

 blog_2017_10_27_6.jpg

 せっせと石頭(せっとう)などを使って7年掛けて切り開いたそうです。皆んなで通ってみました。

 blog_2017_10_27_7.jpg

 通り抜けると凄い岩盤に開けた事が解ります。人間って素晴らしいですね。

 ここまでスムーズに工程が進んだので、オプションのhatakichiが勝手に選んだ戸隠絶景ポイント”No.1ポイントにご案内。

 blog_2017_10_27_8.jpg

 どうでしょう?ここの素晴らしさは人工物が一つも無い事です。興味のある方、Guideしますよ!

 約5時間のトレッキング。皆さんに喜んで頂き、Guideとして一安心しました。このエリアはなかなか自家用車などが無いと難しい場所です。今後、何とかこのエリアも皆さんが行きやすい様にしたいと思っています。まだこのエリアにはポテンシャルがあるので、今後ご紹介していきますのでご参加下さい。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com