FC2ブログ
01 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. >> 03
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 23:00:00
☆歩いたね!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 昨年からお願いされているインバウンドのお仕事。”WALK JAPAN"様に昨年Guideテストして頂き、今年もご依頼を頂きました。
 今回いらしたお客様は、”オランダ”、”ポーランド”、”南アフリカ”、”シンガポール”、2オーストラリア”と多方面からです。日本に来てからは戸隠”、”鍋倉”、”野沢温泉”、”秋山郷”と訪れるそうです。

 戸隠ではスノーシューを楽しんで頂きました。コースは小鳥ヶ池から鏡池”随神門”を通って戸隠神社奥社入口駐車場”でゴール、その後お蕎麦屋さんで昼食です。

 小鳥ヶ池を通り少しハイクアップすると前が開けた場所に到着。”硯石(すずりいし)”という場所です。今日は”北アルプス”方面が良く見えました。放射冷却などで空気が澄んでいる日であれば”富士山(3,776m)”も望める場所です。

 blog_2019_02_27_1.jpg

 もうひと登りしてお楽しみのダウンヒル。硬かったなー、でも”MSR”スノーシューの本領発揮!しっかりグリップして誰一人滑落せずに鏡池に到着。今年は半月程春の訪れが早いので、池上の状態の不安定。本日より”啓蒙看板”が設置されました。もしも、池上に乗られる方は”自己責任”でお願いしますね。万が一に落ちても責任は自分です。心配な方は乗らないでくださいね

 blog_2019_02_27_2.jpg

 hatakichiのガイド責任で乗る事に。シンポルである”樅の木”の古木でティータイム!

 blog_2019_02_27_3.jpg

 温かいモノを飲んでリフレッシュしてスタート。戸隠森林植物園”内を散策。途中知り合いのガイド2名を遭遇して情報交換を。杉林を抜けると明るくなって”ブナの森”に到着。
 ”森の先住者”の痕跡を発見!ツキノワグマ爪痕です。昨年秋のもので、皆さん驚いていました。

 blog_2019_02_27_4.jpg

 上を見上げると食事場所の”熊棚(くまだな)”が二つ。「Is it a bird's nest?」との声が。「It is a bear food place. The Japanese name is "KIMADANA"."KUMADANA" is "Bear Shelf".
 通じたかな?英語、合ってるかな?

 blog_2019_02_27_5.jpg
 
 戸隠の自然”を楽しんで頂いた後は戸隠の歴史”を。時間的に戸隠神社奥社”までは行けないので中間の”随神門”に立ち寄りました。雪の中にこの朱色は映えますね。今回の募集パンフレットの表紙もこの”随神門”でした。門の下は溶けた雪がカチコチに凍っていて氷板になっていますので、アイゼンが無いと歩けません!(笑)

 blog_2019_02_27_7.jpg

 最後は何度来ても良い所、”奥社杉並木”です。偶然フレーム内に誰も居ない!最近では珍しい光景です。そうそう、ここをガイドする際にいつも話していて確認したかった事が、今日解決しました。今後その件については自信を持って話せます!内容についてはガイドとお願いされた方にお話ししますね。(笑)
 
 blog_2019_02_27_8.jpg

 今回の多くの外国からいらしたお客様を無事楽しくGuide出来て一安心。解散後2名の方はお店に珈琲を飲みに来て頂き感謝します。グリーンシーズンの”戸隠”にも皆さん興味を示して頂きましたので”戸隠古道”を提案しておきました。

 今回ご参加頂きました皆さん、日本を楽しんで下さいね。
 また、来年の宜しくお願いします。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



テーマ:信州・戸隠発!
ジャンル:地域情報



copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com