FC2ブログ
01 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. >> 03
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 18:04:23
☆今年も行ってきました!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 

 2月11日(木)〜14日(日)まで”第18回長野灯明まつりが長野市善光寺周辺で開催されています。

 公式HPによると、1998年長野冬季オリンピックが開催され、感動と躍動、そして恒久の平和への願いを世界に向けて発信しました。2004年にオリンピックレガシーを継承し、弛まぬ平和への願いを再び世界へと発信するために開催された冬の祭典こそ長野灯明まつりです。オリンピックイヤーとなる2021年、第十八回を迎える長野灯明まつりでは、平和の灯を絶えぬよう皆さまのご来場お待ちしております、との事です。

 ここ数年家族で必ず拝見させて頂いています。お寺をこの様にライトアップする事の斬新なアイデアにビックリしましたが行ってみると幻想的な景色に感動を覚えました。
 
 今回は娘”yukino”とデートするかの様に”スタバ”の前で待ち合わせて拝見してきました。

 blog_2021_02_13_1.jpg

 平日の夜ですが、そこそこの人出です。山門や本堂などがカラフルにライトアップされています。

 blog_2021_02_13_2

 お参りして、今夜は三つの目的があるので一つ目に移動。

 善光寺大勧進””元三大師(がんざんだいし)”が公開されているので、それを拝観に。”元三大師”は、平安時代の天台宗僧侶・良源(りょうげん)のことで、疫病がはやった際に姿を変えて人々を病魔から守ったと言われています。その大師の木像は、護摩堂内の不動明王像脇の厨子(ずし)に安置されています。普段は幕で隠れていますが、”長野灯明まつり”の期間中には幕を上げて公開するとのことでしたので、貴重なモノを手の届く程の近さで見せて頂きました。そしてこの”元三大師”の御朱印を2020年11頃から頒布し始めました。

 blog_2021_02_13_3 blog_2021_02_13_4

 角が生え、鬼のようになって病魔を退散した元三大師は”角大師(つのだいし)”とも呼ばれ、御朱印にはその姿が描かれいます。折角なので頂いてきました。大勧進に入ったのは子供二人の七五三以来3回目ですね。

 二つ目の目的は善光寺大本願”で”長野灯明まつり”期間中のみ公開しています”鷹司誓玉(たかつかさせいぎょく)上人”の母敦子様が生前収集していた”絵封筒””絵葉書”を展示して一般公開していたのでそれを鑑賞させて頂きました。大正ロマンを感じる様なお洒落なモノで娘”Yukino”も喜んでいました。

 三つ目の目的はお世話になっています宿坊白蓮坊御朱印を頂きに。

 blog_2021_02_13_6

 先日Blogでも書きましたがこの度hatakichiは善光寺公認案内人”の資格を頂く事が出来ましたが、その際に”白蓮坊”の若麻績住職夫妻に大変お世話になり所属先も同宿坊という事で今後も様々な事でお世話になると思います。
 白蓮坊の御本尊は、”浄土教八祖大師像”です。

 そのご住職”若麻績敏隆”さんはパステル画家でもある事から”御朱印”も人気です。元々hatakichiとの接点もパステル教室関連でした。

 blog_2021_02_13_5

 2月のテーマは「雪林」。良い感じですね。白蓮坊の参道脇にはむじな地蔵のブロンズ像がお祀りしてあります。”むじな地蔵”は、”むじな灯籠”の伝説にこめられた、善光寺如来の無縁の慈悲の世界を、東京芸術大学大学院教授の籔内佐斗司 (平城遷都1300年祭の”せんとくん”も知られる作品の一つ) 先生が、天真爛漫な童子形のお地蔵さまと健気なむじなの姿で表してくださったものです。 白蓮坊内には木造彩色の像がお祀りしてあります。
 毎月”御朱印”が変わりますので、ファンの方々の間で人気です。是非、善光寺のいらした際には”白蓮坊”にお立ち寄り頂き”御朱印”をお求め頂ければと思います。

 ”善光寺案内”のご要望があれば承りますので、お問い合わせ下さい。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト





copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com