FC2ブログ
09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 22:04:32
気疲れ・・・。☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

今日はお店が定休日。
 以前より息子“Takato”に、

 戸隠山に連れて行って欲しい!」

 と言われていたので行ってきました!

 kotori_11_10_18_1.jpg

 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
 丁度、お店の定休日と“Takato”の中学校臨時休校が重なったので。奥様も戸隠生まれ、戸隠育ちなのに今まで登った事が無い事が判明。二人を連れての登山になりました。hatakichiのGuideの練習にもなるし、いつもお店を空けてGuideに行っているもう一つのhatakichiの仕事場を家族に見てもらう良い機会になりました。

 kotori_11_10_18_2.jpg

 8時に戸隠神社奥社入口」を出発。ほとんど人はいません。これがお昼時になるとごった返します。最近奥社往復Guideも多かったので、こんなに静かな参道は久しぶりです。

 kotori_11_10_18_3.jpg

 幻想的な杉並木。少しガスってきましたが、行ける所まで行ってみるかなって感じで続行。奥社までの2kmがウォーミングアップです。

 kotori_11_10_18_4.jpg

 ここが登山口入口です。霧雨が降ってきたので、取りあえず合羽を着て、登山届けを出して出発!ここから約30分は急登が続きます。初めての方は、この急登がいつまで続くか不安になると思います。

 kotori_11_10_18_5.jpg

 急登を終えた所にある通称「大岩」で休憩。奥様から「行けるかなー?」と泣きが入るが無視。

 kotori_11_10_18_6.jpg

 ここからはモミジの紅葉が綺麗で歩いていて楽しくなってきます。登山道は少し濡れているので滑り易く注意が必要です。

 kotori_11_10_18_7.jpg

 9時30分。「五十間長屋」に到着。ここは戸隠山三十三窟の一つ。横に長い窟です。ここで2回目の休憩。

 kotori_11_10_18_8.jpg

 続いて「百間長屋」。さっきの「五十間長屋」から10分ほどの所にあります。ここも戸隠山三十三窟の一つです。少し浅めの堀ですが長い窟です。

 kotori_11_10_18_9.jpg

 15分ほど歩くと「西窟」に到着。ここも戸隠山三十三窟の一つです。奥社からここまで来る間に戸隠山三十三窟の内6つを見る事が出来ます。
 ここから、鎖場が始まりますのでハーネスを着けたり準備をします。二人とも少々緊張!

 kotori_11_10_18_10.jpg

 いきなりこんな所から始まります。ここで帰られる方も多いです。

 kotori_11_10_18_11.jpg

 「天狗の露地」です。このトラバースでよく事故があります。かなりビビリながら・・・。

 kotori_11_10_18_12.jpg

 メインイベントの蟻の塔渡りです。半ビェ─・゚・(。>д<。)・゚・─ン!!状態で渡っています。ここに来たら今までガスっていたのに西岳側がクッキリと見え始めて・・・。

 kotori_11_10_18_13.jpg

 出たー!このドヤ顔

 kotori_11_10_18_14.jpg

 11時45分。何とか無事に「八方睨」に到着。後ろに見えるのは「高妻山」です。この二人、ここからがまだ長い事を知らないので・・・。ここで、おにぎりを1個づつ食べて12時に出発。

 kotori_11_10_18_15.jpg

 15分ほど歩くと戸隠山山頂に到着。標高が1,911mから1,904mに変更されました。「八方睨」の方が山頂っぽいです。

 kotori_11_10_18_16.jpg

 稜線上は危険がいっぱいです。写真左側に落ちれば即死です。景色は最高ですが、二人とも見ません。

 kotori_11_10_18_17.jpg

 稜線上にある「九頭竜山」の三角点。身落とす人が多いポイントです。hatakichiは今度ここからの滑走を計画中。

 kotori_11_10_18_18.jpg

 14時10分。「一不動避難小屋」に到着。本日の工程の2/3が終了。ここから後はひたすら下ります。

 kotori_11_10_18_19.jpg

 今年から稼動している「携帯トイレブース」。長野市から委託されてhatakichi達「戸隠登山ガイド組合」が維持管理をしています。こんな事言って良いのか、

 「本当に必要なのかな?」

 kotori_11_10_18_20.jpg

 下る事20分。テレビ番組でナイナイの岡村君も採りに来た“幻の水”「氷清水」です。ガイド本などに「一杯清水」と出ている事がありますが間違いです。冷たくて美味しい水です。

 kotori_11_10_18_21.jpg

 下りの一番の危険箇所「帯岩」のトラバースです。一枚岩で滑り易く、ちょっと痺れます。

 kotori_11_10_18_22.jpg

 「帯岩」の横にある滝です。名前、あったかな?紅葉と滝、なかなか綺麗です。来年はこの滝を見に行くツアーを組みますので期待していて下さい。

 kotori_11_10_18_23.jpg

 最後の鎖場の「滑滝」です。ここは横に水が流れていていつも鎖が濡れていて非常に滑り易いです。

 kotori_11_10_18_24.jpg

 最後にきて奥様にアクシデントが・・・。登山靴のソールが取れました!みんなで大笑い。それもそうです。このLOWAの靴は結婚前に買ったので15年ぐらい経ってますので。終わる間際で良かったです。

 kotori_11_10_18_25.jpg

 16時に無事「戸隠牧場」に到着。8時間の山行でした。二人ともこんなに歩けるとは思っていませんでした。良く頑張りました!

 kotori_11_10_18_26.jpg

 おにぎり1個で腹ペコなので、蕎麦&生ビールを言う事で「戸隠キャンプ場」内にある蕎麦屋「岳」にて。

 kotori_11_10_18_27.jpg

 “おろし蕎麦”、目茶苦茶上手かった。それも新蕎麦

 今回家族で「戸隠山」を縦走した訳ですが、非常に面白かったですね。これで奥様も息子もお客様に「戸隠山」の事を聞かれたら実体験を話せるので、本当の情報を提供出来ます。

 家に帰ったら娘“Yukino”が怒って、

 「今度は私を連れて行け!」

 と。11月には娘を何処かの山に連れて行かないと・・・。 
スポンサーサイト



テーマ:信州・戸隠発!
ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kotorinomori.blog27.fc2.com/tb.php/1316-1b365bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com