FC2ブログ
09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
【戸隠山の魅力①】 
Posted on 22:58:54
☆続々と・・・。☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 昨日は急に戸隠山に行きたくなり、午前中行っちゃいました!時間的に縦走は無理だったので途中までですが。

 「戸隠山」に登られた方はどれ位いらっしゃるのだろう?hatakichiも初めて登ったのは26年前。その感動が今の自分の原点かも。

 現在「戸隠山」はかなり侵食が進み、毎年登山道が細くなったり、崩落しています。今年も何だかんだ言って十数回登っていますが、その度に変わっています。今後どうなるかちょっと不安です。

 そこで少しずつですが、戸隠山の魅力について紹介していきたいと思います。ちょびちょび出し惜しみしますので・・・(笑)。

 「戸隠山」には数箇所“鎖場”があります。そん所そこいらの“鎖場”とは違い、命綱の様なものです。

 あー、鎖場ね!“蟻の塔渡り”でしょ!って声が聞こえてきました。確かにそこは一番有名ですが、他にも沢山あるんですよ。

 その一つに天狗の露地と言うのがあります。

 kotori_11_11_29.jpg

 写真をクリックして頂けると鎖の流れが解りますが、まずは一番手前にある鎖を10mほど垂直に登ります。そこから直角に右側に7mほどトラバース。そこから画面右上方向に垂直に10m弱登り一息がつけるという所です。この場所はいつもジメジメしていてスリップし易くGuideをする場合もシビアな場所です。

 過去には数回ここで滑落事故があり、hatakichiが出動した事例では命には別状はありませんでしたが、脊椎を損傷して下半身不随になられました。

 慎重に行けば滅多に滑落する事はありませんが、甘い考えで来た方はここで撤退です。

 今年から戸隠山縦走ルートの内、戸隠神社奥社~八方睨まではバリエーションルート扱いになっています。もしも登られる方は自分の入っている山岳保険の確認をしてからお出かけ下さい。

 こんな感じで少しずつ紹介していこうと思っていますので、ご期待下さい。

 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kotorinomori.blog27.fc2.com/tb.php/1362-b6f88372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com