FC2ブログ
09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 19:09:55
☆リフレッシュ!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 4月20日(金)は、実地講習3日目。早朝2時間乗って全ての実地講習が終了。後は翌日の検定まで暇になってしまったので、観光に行く事に。全然土地感が無いのでコンビニに行って地域の案内MAPを見ると30kmほど離れたところの「塩原温泉郷」鍾乳洞が有るではないか!決定。道も空いていたので30分程で到着。

 SANY0034_convert_20120423170354.jpg

 源三窟(げんさんくつ)」です。今から約800年前の治承4年に源三位頼政が戦いに敗れ宇治の平等院で自刃しました。その後、嫡孫である伊豆冠者、源有綱も鎌倉の戦いに敗れ敗戦の身をこの洞窟に隠しました。再び立ち上がる機会を待っていましたが、洞内に流れる滝水で米をといだとぎ汁が流れ出した為に発見されてしまい、あわれな最期を遂げたと伝えられているそうです。そんなところです。

 SANY0018_convert_20120423171601.jpg

 何でか入口で“一休さん”がお出迎え。由来を説明してくれます。

 SANY0020_convert_20120423172100.jpg

 これが「米洗いの滝」です。源有綱の運命を決したとした今に伝えられるこの滝は、大雨の時には水量も増え洞窟内所々に水滴が落下します。

 SANY0027_convert_20120423173017.jpg
 
 洞窟内には所々に石筍があり、ライトアップされて綺麗です。洞窟内は全長約50mほどで、平均気温15〜16℃らしいです。
 出口には武具資料館が有り、怪しい鎧兜が・・・。

 SANY0032_convert_20120423173726.jpg

 この鎧兜は鍾乳洞内で発見されたもので、以前テレビ取材を受けた際に亡霊が撮影されたとか・・・。怖ー!

 続いて訪れたのが塩原八幡宮。ここには逆杉があると言うので。

 SANY0038_convert_20120423174536.jpg

 樹齢1,500年だそうです。太い枝が垂れ下がり反っている事からこの名前がついているそうです。戸隠の山の中にも来んな感じも杉が有る事を思い出しました。立派です。

 最後に日光国立公園 塩原十名瀑竜化の滝を見てきました。この滝は、日光国立公園・塩原町下塩原の箒川支流(寒沢)に落ちる滝で「塩原十名瀑」の一つです。その中で最長の130mの滝は、幅約5m、高さ約60mで三段に分かれて落ち、流れは岩盤を天に向かって力強く昇って行く白竜の姿に似ており、自然の厳しさや美しさと迫力を兼ね備えた十名瀑随一の素晴らしさを誇っています。

 

 動画にしてみましたがやっぱり迫力は今一伝わらないなー・・・。

 今回は免許取得と冬が終わってGW突入まえのリフレッシュを兼ねてのぶらり観光旅行でした。初めてこちら方面に来てみましたが、戸隠と似た感じで自然が豊かで良い温泉地でした。また、今度は家族を連れて来てみたいですね。

 さー、週末からGWが始まります。頑張って働こう。戸隠パワースポットは今年も人気みたいです!

 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kotorinomori.blog27.fc2.com/tb.php/1438-5c3ec643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com