FC2ブログ
09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 00:47:33
☆真っ暗!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 今年のナイトハイクは熊の出没情報が多く、開催を考えていたのですが。皆さんの「やりましょうよ!」という声に危険な場所を避けて行う事にしました。
 7月30日(土)8月1日(月)にそれぞれ団体のお客様を対象に行いました。
 今回は夜なので写真はありませんので、あしからず。

 まず7月30日(土)は、もう5年位になりますかね?上高田保育園のGuideです。今回は約50名の参加になりました。懐中電灯は禁止という事で行いました。さすがに50名を一人で行うのは危険なので息子”Takato”に熊払いをお願いしました。中々頼りになりました。
 中社西駐車場に集合して頂き、この「ナイトハイク」の趣旨を説明。この趣旨は”真っ暗闇体験”です。都会では一日中灯りが点いていて車や人の話し声などがあり、シーンとした時を過ごす事が出来ません。そこで戸隠の夜の森林の中を手探り足探りで五感を研ぎ澄ませて歩く。オプションとしてホタル鑑賞熊遭遇などがありますが。これが趣旨です。
 
 はじめはまだ薄明かりの中なので通常通り自然散策ガイドを行います。戸隠神社奥社駐車場に着いた頃にはかなり暗くなってきました。ここから戸隠森林植物園に入っていきます。今まで笑い声などが聞こえていましたが段々皆さん無口に。真剣に目を見開いて五感を頼りに歩きます。

 すると一匹二匹とホタルが確認でき始めました。皆さん大歓声!息子”Takato”からも無線で「ホタル、いっぱいいるよ!」と。おー、今年はこのイベントをはじめて一番のホタルの数です。こんなに綺麗な風景は滅多に無いのではないかと思われる程です。”ゲンジボタル”、”ヘイケボタル”、”ヒメボタル”とかなり見分けがつくほど。この三種類が同時に鑑賞出来るのは希少です。植物園内を約30分位散策して、また元の駐車場に戻る途中、意地悪なhatakichiは思っちゃいました!「肝試しでもしますか!」と。すると先頭にいる方々から「いいですよ!」との声。hatakichiは「熊が出ませんように・・・。」と心の中で祈りながら本当に真っ暗な小径へ。ここはhatakichiと愛犬”ROOSO”の散歩コース。解っているhatakichiでさえ足探り状態。時々、足裏に根っこを感じながら・・・。
 何とか皆んな無事に出発点の駐車場に到着。十分満喫して頂けた様で、大きな拍手を頂きました。

 続いて8月1日(月)は昨年お願いされた団体様。こちらも約40名程。昨年は雨の為に「ナイトハイク」が出来ずhatakichiの山の講話。この夜は息子がまだ帰ってこないのでhatakichi一人で。当初の予定は同じ様に行おうと思ったのですが、この日は雷がなったり、いつでも雨が降りそうな空模様だったので、”ホタル鑑賞”をメインに戸隠神社奥社駐車場から出発。

 はじめに諸注意や熊の生態などの話を。その時は子供達はあまり興味が無いらしくゲームの話などして騒いでいましたが、森の中に入るにつれて無口に。ここで意地悪なhatakichiは追い打ちをかける様に怪談話など。小さい子供は小声で「帰りたい・・・。」と。これでみんな静かになった!
 さー、”今日はホタルは出てくれるかな?”と歩いていると、前回よりも少ないですが乱舞が始まりました。hatakichiも一安心。段々と数も増えてきて立ち止まって鑑賞する程、素晴らしい夜になりました。「星が見えるともっといいんでしょうね。」との声も。来年もやりましょうかね。

 小鳥ケ池で蝋燭を囲んで怪談話もいいかな?と一人意地悪なhatakichiは思うのでした。

 ナイトハイクは、ご予約にてGuideを承りますのでお問合せ下さい。夕食付きなどのコースもありますよ!

 お問合せ→「Togakushi BackCountry Guides KOTORINOMORI

 

 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kotorinomori.blog27.fc2.com/tb.php/1946-28ee2e3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com