FC2ブログ
09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 18:55:36
☆超〜絶景!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 昨日は(一社)戸隠観光協会主催”2018旬ウォーク”鬼女紅葉伝説の地を巡る紅葉トレッキング”イベントが開催されました。そのGuideをhatakichiが担当させて頂きました。参加者は11名。天気は絶好のトレッキング日和でした。

 戸隠宝光社地区にある長野市商工会戸隠支所に集合して協会の用意したバスに乗って伝説の地まで。バスの中で大体の話の概略を説明しました。

 戸隠柵(しがらみ)地区にある”柵神社(しがらみじんじゃ)”近くにある”鬼の塚”に立ち寄りました。

 blog_2018_10_26_1.jpg

 ここは、紅葉の首を討ち取った平維茂が五輪塔を建てて紅葉を弔って所です。手前にある大きいモノが紅葉、その後ろに数個あるモノが家来のモノらしいです。

 ここからまだバスに乗って20分程奥に目的地があります。

 荒倉山麓にある”荒倉山キャンプ場”でバスを降りていよいよトレッキングのスタートです。キャンプ場では28日(日)に地元主催の鬼女紅葉祭り”が行われるので準備が進められていました。
 紅葉の紅葉は今年少し遅い感じですが、赤く変わる途中のグラディエーションが逆に綺麗でした。コースは綺麗に草刈りなど整備されていて非常に歩き易く、ゆっくりゆっくり会話をしながら進みました。”釜背負岩(かましょいいわ)””舞台岩(ぶたいいわ)””屏風岩(びょうぶいわ)””釜壇岩(かまだんいわ)”、そして”紅葉の化粧水(もみじのけしょうみず)”など本当にここで生活していたと思われる所を解説しながら進みました。

 バスを降りて40分程かな、目的地の”紅葉の岩屋(もみじのいわや)”に到着。今年、この岩屋の前に新たに綺麗な鳥居が設置されていました。

 blog_2018_10_26_2.jpg

 この岩屋は日中に紅葉が居たとされる場所で、夜寝る所はここから25分程登った山奥に”奥の岩屋(おくのいわや)”があります。ちょっと険しくザイル等を使う場所なので今日のツアーではいきません。また、改めてhatakichi独自なツアーで行きたいと思います。

 ここで小休止していたら、今回の参加された方から差し入れを頂きました。

 blog_2018_10_26_3.jpg

 長野市にある有名和菓子屋さんの草餅、メチャクチャ柔らかくて美味しかった!。そして、珈琲も振舞って頂きました。至れり尽くせりで、ありがとうございました。

 戦いに勝った平維茂が勝ち鬨をあげたと言われる”安堵ヶ峰(あんどがみね)”まで登り、”飯縄山(1,917m)”見て、

 ”登ったぞー!!”

 と勝ち鬨をあげました!(笑)

 ここで今日の鬼女紅葉の伝説”に関わる話は終了。ここからは、今回のもう一つの目的である戸隠から鬼無里に峠越えをし易くしたとされる松澤トンネルを通過します。荒倉山麓を等高線上に人一人通れる程のトレイルを歩いていきます。ここは春になると雪解けで何箇所かいつも崩落してしまう場所。地元も方々の努力で維持されています。

 blog_2018_10_26_4.jpg

 7年掛けて岩盤をコツコツ掘って貫通させたトンネルを抜けると鬼無里方面や”西岳(2,053m)”などが見えてきます。昔はこの道を馬を引いて歩いたそうです。人間って凄いなーと感じます。

 そろそろお昼の時間なので、この辺りでお楽しみの”ランチタイム”。旬ウォークでは、地元お蕎麦屋さんや仕出し有資格店のお弁当を召し上がって頂くもの楽しみの一つ。

 blog_2018_10_26_5.jpg

 今回も秋を感じるお弁当でした。丁寧に作られていて皆さん喜んで頂きました。

 このまま下って行けば終了地点にすぐに行けるのですが、ここで天気も良いのでhatakichiお気に入りの絶景ポイントへご案内。

 blog_2018_10_26_6.jpg

 眼下に広がる絶景。人口物(道路、家、電線など)が一切無い風景ななかなか無いですよ。それとこの時期ならではの紅葉、最高なロケーションです。この風景だけ見れただけでもこのイベントに参加した価値があるとおっしゃって頂けた方もいました。暫し、写真を撮ったり見とれたりと至福の時間を過ごして、終点の”紅葉橋(もみじばし)”までカラマツ林の中を下って行きました。

 このコースは車が無いと出来ないコースです。戸隠神社や鏡池など戸隠メジャースポットとは違った戸隠の魅力を感じられるコースです。是非、一度ご一緒いたしませんか?ご案内致しますよ。

 今回参加された皆様、お疲れ様でした。また、戸隠の旬を感じられるイベントを企画致しますのでご参加下さい。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kotorinomori.blog27.fc2.com/tb.php/2147-656a2cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com