FC2ブログ
09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 23:00:00
☆検討課題!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 先日、長野市役所の方から自然保護レンジャーから長野県に対して何故冬の戸隠鏡池”のトイレを男女全て開放しないのか。開けるべきだ!と話があったが、どうしたらよいか?」との話がhatakichiにありました。何故hatakichiにあったかというと、当然私も自然保護レンジャーであるという事、それよりも戸隠の携帯トイレ他し尿問題にはじめから携わっていた事から今までの経緯等一番解っているだろうと言う事で話が来ました。
 
 当初(15年ほど前)は鏡池”公衆トイレ”冬季閉鎖していました。当時に環境省戸隠自然保護官事務所に赴任していた”Takenaka”氏が4月になって雪が溶け始めた頃に”鏡池”周辺のティッシュや排便を拾っているのを見て地域で何とかしないとという事で長野市に鏡池は冬のスノーシューやクロスカントリースキーなどを楽しみ方の一番の集まる場所。お茶をしたりお昼を食べたりする事からトイレを開放して欲しい。」との陳情をして使える様になりました。初めはデータ取りを兼ねて建設現場等で使っている移動式簡易トイレを置いてみましたが、予想を上回る使用度ですぐに一杯になってしましました。その翌年から2箇所ある公衆トイレの内の1箇所を開放する事に。その条件として一番ネックになるのが”維持管理”です。開けたはいいが雪は片付けなければ入れないし、トイレの掃除もしなければいけない。この仕事はボランティアでやれる様な事では無いという事で環境省の”グリーンワーカー事業”や”戸隠を美しくする会”などからの協力金を得て戸隠登山ガイド組合”が請け負って維持管理をしました。
 建物周辺の除雪はスコップで行う事、清掃用の水が無い事から現地に行ってお湯を沸かして清掃する事、当然現地まではスノーシューやスキーを履いて片道1時間程掛けて行くという事など大変な仕事です。ですので、開放するにあたっても全部開放では無く男子トイレ側のみの開放にしました。男子トイレのみの開放でも大、小便器両方あるので男女使用する事が出来るのでこれがベストという事で行っていました。
 その後近所のレストハウスが指定管理者制度によって業者が運営する際に、この公衆トイレも一緒に管理する事が条件になりました。現在はその業者が頑張って管理してくれています。

 blog_2019_06_28.jpg

 昨年水が使える様に工事して頂いたみたいですが、工事が少々ズサンで使用出来なくなり、苦肉の策としてトイレ内に”携帯トイレテント”を張って”携帯トイレ”で対応していました。この冬はどうしていこうか?と考えているところに長野市から電話が・・・。

 「長野県の方に”自然保護レンジャーから、何故戸隠鏡池のトイレを全部開けないんだ!」

 との事だったそうです。長野県も事情もよく解らずに長野市

 「開ける様にして欲しい!」

 と言ってきて長野市の担当者が困ってhatakichiのところに聞いてきたという流れだそうです。

 hatakichiも同じ”長野県自然保護レンジャー、そして、鏡池の公衆トイレを開放する際の最初から携わってきた事から上記の様な経緯、問題点、苦労などがあって現在に男子トイレのみの開放になった事を説明した。もしも、長野県及びその”自然保護レンジャー”の言う様に男女全て開放する条件としては、冬季の水洗トイレがしっかり機能する事。清掃用の水もちゃんとある事。トイレ周辺の除雪を行う為の除雪機を配備して頂ける事などをハード面を長野県が行って頂ければ出来るかもしれないと説明しました。

 ここで問題なのは、長野市及び戸隠地区は一所懸命無い金を使って色々考えてやっているのですが、その内情も解っていない”自然保護レンジャー”が言った事ですぐに長野県対応する事に疑問を感じた。各地域に”自然保護レンジャー”がいます。あまりその地域の事情を解っていない他の地域の方に言われてすぐに動くのはどうなのかと感じました。

 最近、”自然保護レンジャー””自然公園指導員”の委嘱にも問題があるのではとの声が上がり始めています。委嘱された事を”偉くなった!”とか”権限を持った!”などと勘違いする方がいるとの話も聞いています。そういう事は全く無いので、勘違いしている方は以後委嘱はしない事もすべきではないかと考えます。

 とりあえず来冬の”鏡池”し尿問題な何とかしないと・・・。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kotorinomori.blog27.fc2.com/tb.php/2343-6a9d6738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com