fc2ブログ
03 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 05
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 23:00:00
☆手術成功!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 今日は手術当日。朝から心電図の検査など準備。14時からなのでお昼前に手術着に着替えて準備完了。奥様には会えませんが手術中来ていてくれていた。ちゃんとした手術はこれで2回目。1回目は小鳥の森を始める前なので30年位前になるかな…、両手の指4本がバネ指をなってしまって、その当時スキーを教えていたお客様が神奈川県にある聖マリアンヌ医大病院の関係者であった事から、そこで行って頂きました。その時は入院はしませんでしたが…。
 
 DX1.jpg

 今回の骨折”左足脛骨プラトー骨折という名称です。昔は”左足脛骨高原骨折”と言っていたみたいです。脛骨(すねの骨)に強い捩れの力が加わり縦に割れました。それと同時に脛骨の一番上の平な部分(高原)が陥没してデコボコになってしまったというモノです。
 
 手術室に入り麻酔を掛けて貰います。脊椎麻酔で下半身のみの部分麻酔。これって昔から失敗すると下半身付随になるなんて言われているヤツかなぁとビビりながら。どんどん効いていて、足の感覚が無くなってきました。毛を剃れても、触られても何も感じない、完全に効いて事を確認して手術開始。
 切られた事は吸引の管の中を自分の血液が通って行くのを見て判りました。麻酔も聞いて痛みも感じないので早々寝てしまったらしい。その後、ノミを使って骨をコツコツ削ったり叩いたりしていても音だけで。プレートをボルト留めして縫合して2時間半程で終了。
 とにかく麻酔が良く効き過ぎて、その後も感覚無くHCUへ直行。ここにはいろいろな科に来られている方が来るので面白過ぎる。麻酔が醒めて来てからは痛過ぎて寝れない。

 blog_2022_02_15_2.jpg

 鎮痛剤を点滴で入れて貰うと速攻で効きたのですが、その効果は長く続かなかった、もう一回頼むと6時間空けないと駄目だという事で座薬を入れて貰う事に。丁度、男性看護師の方が夜勤だったのでお願いしました。
そして、少し収まったと思ったら、今度は尿意が…。こりゃー困ったぞ。心電図のコードや点滴、血圧計と沢山繋がれているので、どうするのかなと思いながらナースコール…。人生初の尿瓶。これまた男性看護師の方が手伝ってくれました。800ccも出てビックリでしたなぁ。座薬の効果も長くは続かづ朝まで痛みとの闘いでほとんど寝れなかった。

 






 
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kotorinomori.blog27.fc2.com/tb.php/2777-52f4ecb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com