FC2ブログ
09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11
信州・戸隠高原の大自然の中で暮らすHatakichi一家。カナダ製ログハウスでイタリアンレストランを経営し、山での生活を楽しんでいる日々の生活をお伝えします。
Posted on 17:28:50
☆圧倒的パワー!☆

 みなさん、こんばんは!
 お昼の方は、こんにちは!
 今起きた方は、おはようございます!
 hatakichiです。

 今日の戸隠は寒く、山では雪が降っているらしく、当店の庭にもチラッと雪が舞いました。
 今が一年で一番寒く感じる季節です。(懐も・・・。)

 さて、今年の11月は何だかやけに人だ多いなーと感じていました。紅葉が遅れていたせいかな?それもあったかも?

 でも、多分この事が大きいんじゃないかな!!

江原啓之】氏

 先日のTV番組「ステスマ」での発言が・・・。

 パワースポットスピリチュアルスポットの質問に。
 パワースポットとは、エナジーの強い場所。海と山。海は浄化、山は癒し。盛り塩は、海のエナジーを塩として持ってきている。
 スピリチュアルスポットは、聖域。パワースポットスピリチュアルなものが必要。

 そして・・・。おすすめのスピリチュアルスポット?の問いに、

 宮崎県の高千穂、長野県の戸隠

 非常にエナジーが優れているスピリチュアルスポット。戸隠は神話の中で天照大神が籠もったときに戸を隠した所だしね。

 とうとう出ちゃいました!!

 紹介致します本の中でも、

 スピリチュアル・サンクチュアリとしての戸

隠は、神々の存在を濃密に体感させる、圧倒

的パワーに満ちた聖地でした。】
           

江原啓之
(マガジンハウス刊 「江原啓之 神紀行5 関東・中部」より引用)

日本の聖地をめぐる旅案内、第5巻。この本では、今回は関東・中部編。作者自身が生まれ育った地、東京。作者自身が幼少の頃より縁の深いサンクチュアリを巡りながら、一人一人に大切なサンクチュアリとは何か・・・を説いていきます。そして、最高峰ともいえる山の聖地、諏訪・戸隠をめぐる旅。その崇高なサンクチュアリを江原啓之氏自ら巡り解説しています。
 戸隠ファンは必読書でしょう!



 んー、戸隠にはやっぱり何かある!hatakichiもこれに呼ばれて来たのかな?

 是非、皆さんも何かを感じに来て下さい。
 そして、心安まるお食事と珈琲を・・・。なんちゃって・・・

fc2_br
FC2 Blog Rankingに参加しています。どうぞ見て頂いた方はクリックして下さい!!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ひょっとしたら自分も・・・!?
毎度、お邪魔しますv-266
あっしも戸隠にまだ興味がなかった11年前、両親が戸隠観光でその時泊まった中社の辻旅館で買ってきた行者にんにくの醤油漬け(佃煮!?瓶詰めの物です。)がおいしかったのと99年3月に安比高原にてSIAのイベントに参加した時にJoさんと知り合ってからちょこちょこと来るようになり、気付いたら春夏秋冬ほぼ戸隠ばかりに行く始末v-10
これはやはり神仏のお導きかはたまたは物の怪の魔力か(v-8)なんにせよ、まだまだ戸隠通いは続きますので宜しくですv-218
2007/11/16(金) 22:10:54
URL | じゃんぼりー #-[ 編集 ]
どっぷりですなー!!
じゃんぼりーさんは、もう既に「戸隠教」の信者にv-12
私はそれを超えて骨を埋める・・・。

最近、アウトドア以外にこっち関係も興味をもって研究中です。

まー、そんな事は。戸隠が好きな事に変わり無いんだからv-10
2007/11/17(土) 12:40:00
URL | hatakichi #-[ 編集 ]
オンリーワン・ウォーター
戸隠五社の一つ「宝光社」からの湧水です。

江原啓之さんにも3月と10月のスマステーションのお礼を兼ね2度ほどご試水していただきました。

感謝

神戸
戸隠


2008/01/18(金) 16:21:44
URL | 戸隠高波動湧水 #z8Ev11P6[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kotorinomori.blog27.fc2.com/tb.php/312-0ff041e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © ☆☆戸隠山歩(Togakushi-Sanpo)☆☆ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com